So-net無料ブログ作成

ミュージカル『薄桜鬼』新撰組奇譚~夜の部~ [感激日記]

今日は久しぶりに薄ミュに行って来た~

ネタバレ含みますぅ

前回の公演は行ってないから、本当に久しぶり。

今回はどんなのかしら?と思ったら、なんと千鶴ちゃんが誰とも幸せにならない話し・・・

エンディングが近づくに連れて、新撰組の皆さんがどんどん羅刹化してっちゃうの。
ちー様も振られてるし・・・

不思議だったのは、土方さんが声まで前の矢崎さんに似てるのに、体格が大きいのね。
ぱっと見た感じわかんないのに背筋伸ばすと大きいな~って印象。

あとはほとんどのキャストが初期のメンバーと入れ替わってるから、一瞬「誰?」って戸惑う感じ。
鬼の皆さんが代わっていないのがとっても安心する。

相変わらず、勝吾くんの歌声はパンチが聴いてて惚れ惚れするね。

時間内に全員とのエピソードを盛り込んだせいか、どんどん話が進んで行っちゃって、これ過去の見てなかったら話わかんなかったよね[あせあせ(飛び散る汗)]

カテコの挨拶は新八役の猪野広樹くん。
何故か座長の岳くんに役名ではなく、名前で呼ばれてびっくりしてたよ。

あと、びっくりしたのは矢崎さん、健斗くん、凌くんが観に来てた事。
ちょうど階段を上から降りて来るのにすれ違ったんだけど、人が多くて健斗くんだけ気がついたの。
これって頭ひとつ出てるからかな?

この舞台にはKで一緒だった、荒牧くんが出ているので終わってから凌くんとツーショットを撮っているのをみてほっこりしたよ[わーい(嬉しい顔)]

image-20160109214052.png

image-20160109214103.png

タグ:舞台
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 1

あきら

ゆきママさん
Nice!ありがとうございます♪
by あきら (2016-04-25 21:50) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0